串揚げ割烹料理店で働いたのお話です

投稿者:

結婚して平日の昼過ぎまで喫茶店で働き、土日のランチタイムは串揚げ割烹料理店でパートに出ていました。父の知り合いの店と言うこともあり大変よくしてくださりました。私は人と接する仕事が好きなので、とても勉強になりました。ただ、割烹と名がつくので皆さん気にはなるけど敷居が高くて入れないとよく話されていました。マスターは京都で修行されたこともあり関西風の1品料理もあり、お酒を召し上がるお客様には大変喜ばれたり、会社の接待でよくご利用されていました。ほどなくして喫茶店をやめ、そのお店で昼間定休以外働くようになるとお客様の流れにムラがあり、1組もいらっしゃらないときもありました。なのでそういう時はひたすらお店の内外での掃除です。草むしり、たまに剪定、営業前からやった掃除もまたやり直し掃除ばかりでした。私語は禁止とマニュアルに書いてあるので、暇な上に掃除ばかりですごい疲れたことを思い出します。反面、忙しい時に限ってパートは私だけでママさんと、2人でお客様をまわすことになり4時間動きっぱなしということもありました。暇で退屈、忙しくて目が回りそうと相反すること、お客様からも沢山教えて頂いたことが今も私の財産です。